幅広い世代みんなで協力する仕事。機械系エンジニアの特徴とは?

エンジニア
この記事は約9分で読めます。
  • RPGみたいに仲間と協力しながら一つの仕事に取り組みたい。
  • 勉強はあまり得意じゃない。
  • 東京以外の場所に無料で住みたい。
  • 辞めたくなったら、いつでも辞められる仕事がいい。
  • とにかくすぐに働いて貯金が欲しい!

そのような働き方についてお答えします。

 

こんにちは。冒険好きな繊細気質のITエンジニア、あれすけです。

このブログでは、仕事が合わなくて生きづらさを感じている方へ向け、繊細ゆえに転職を繰り返してきた私の視点から、転職や心の悩み解決のヒントになる情報を発信しています。

 

エンジニアを目指したいけど、機械や自動車を作るエンジニアは自分に向いてるのかな…?

あれすけ
あれすけ

私は最初の就職先で機械設備工事の作業管理を行っていました。

そこで私が感じた機械系エンジニアの特徴をお伝えします!

ご自身に合っているか、チェックしてみてください!

私の最初の就職先である日本原子力研究開発機構は、その名の通り、原子力施設を安定稼働させるために、多くの機械系エンジニアが所属していました。

そして、現職であるITエンジニアに転職後、これらの違いについていくつか感じた点があり、このような方であれば機械系エンジニアに向いているのかな、と感じた点がいくつか見つかりました。

今回は私が体験した機械系エンジニアの特徴と、機械系エンジニアに向いていそうな方についてお話します。

機械系エンジニア・ITエンジニアの特徴

私は実際の作業人員ではなく、作業管理者として現場や作業者の方々を見てきました。

その上で、私が主観的に見て感じた機械系エンジニアの特徴は以下の通りです。

機械系エンジニアの特徴

  • 安全意識が高く、気配り上手。
  • 声の掛け合い、安全確認など、チームワークを大事にしている。
  • 体力仕事からデスクワークまで仕事が幅広い。
  • 幅広い性格・年代の人がそろう(10代~60代)。
  • 良くも悪くも、現場がベテランに依存しがちになる。

これら一つ一つについて、ITエンジニアと比較しながら見ていきましょう!

安全意識が高く、気配り上手。

私の経験上、機械系エンジニアの方は、普段はおしゃべりをしてふざけることが好きでも、周囲に目を配っており、安全意識を発揮される方が多い印象です。

例えば、私のいた原子力業界では、管理の意識付けの一環として、「おせっかい運動」と呼ばれるムーブメントがあります。

おせっかい運動とは?

他人の不注意に積極的に声をかけて気づかせる。

そして、声を受けた側は「余計なお世話だ!」と怒るのではなく、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える運動のこと。

例:

靴ひもがほどけている人を発見する。 → 靴ひもがほどけていることを本人に伝える。

→ ありがとう!

このような文化があることから、もともと気配りが苦手な方でも、機械系エンジニアとして働いている中で、自然と周囲の気配りの意識が生まれるのではないかなと感じます。

声の掛け合い、安全確認など、チームワークを大事にしている。

機械系エンジニアは、少しのミスが大きな人身事故につながる可能性があります。

そのため、声の掛け合いや、安全確認といった一つ一つの基本動作を大事にします。

作業内容そのものはとても簡単なものに見えるときもありますが、肝心なのはチームワークです。

不安要素をなくしながら、集団で一つの作業に取り組むということは、案外大変なことだと気づかされます。

あれすけ
あれすけ

機械系エンジニアのチームワークは、現場の一つ一つの作業の判断統率が大事なイメージだなぁ…

それと比べて、ITエンジニアのチームワークは長期的な進捗管理が中心だね。

体力仕事からデスクワークまで仕事が幅広い

機械系エンジニアは仕事内容が幅広いです。

機械系エンジニアの主な仕事
  • 機械・PCの操作
  • 作業現場の安全確認
  • 工作で何かを作る
  • 荷物を積んで運ぶ

ITエンジニアだとほぼずっとデスクワークになりますが、機械系エンジニアは身体を動かしたり、立ち仕事の場合も多いので、健康的に仕事ができる点はメリットと言えそうです。

その一方で、腰を痛めやすい方は重い荷物の運搬作業などに注意が必要です。

身体が資本の仕事なので、ケガをすると仕事ができなくなってしまうリスクを負っています。

そのような理由で、実は、安全管理・体調管理には人一倍注意しなければならない仕事でもあります。

幅広い性格・年代の人がそろう(10代~60代)。

ここは個人的には面白いポイントだなと思います!

未経験の方でも採用されやすい上に仕事が多いことから、現場の人員の数が多く、幅広い性格・年代の方々が集まる傾向にあると感じます。

私がいた職場では、50代近くのベテランの方と20代の方がゲームや車の話で盛り上がっている様子も見られました。

幅広い世代で一緒のチームを組み、連携して取り組む仕事というのは、世代間コミュニケーションという、他の仕事では味わえない楽しさがあるのではないかと感じます。

あれすけ
あれすけ

ITエンジニアは20代・30代がメインで構成されるから、年齢層が全く違うかもですね。

良くも悪くも、現場がベテランに依存しがちになる。

ITエンジニアでも同じことが言えると思いますが、機械系エンジニアだと「その人がいなくなると現場が回らなくなる」という状況がよくあります。

マニュアルを見れば誰でもできそうじゃん?という意見もありそうですが、実は、そう簡単ではありません。

素人がマニュアル通りに操作しようとしても、挙動一つ一つに不安を感じがちですし、その状態での作業は事故につながりかねません。

「その機械の挙動を熟知している先輩がいるからこそ成り立つ現場」だと、いい意味では何か不具合が発生しても先輩が頼りになる一方で、悪い意味では、先輩がいないと一つ一つの問題解決に苦労する、ということもあります…

あれすけ
あれすけ

ITエンジニアは分からないことを自分で調べることが基本ですが、機械系エンジニアは、技術者としてスキルアップするには、ベテランからノウハウを学ぶ姿勢が大事です!

これからエンジニアを目指す方へおすすめの転職方法

以上、機械系エンジニアの特徴について解説しました。

これらの特徴を見て、機械系エンジニアになりたい!と思った方へ向け、未経験からでもすぐに始められる、おすすめの仕事をお伝えします!

地方で機械派遣エンジニアをやってみよう!

機械系エンジニアを目指したい方は、工場求人ナビを見てみましょう。

工場求人ナビは、東証一部上場・優良派遣事業者認定を受けた、日総工産が運営する採用サイトです。

 

ここでは、高収入で寮付きという、好条件でのお仕事が多数掲載されています。

さらに、未経験からでも始められる仕事が多いことも特徴です。

また、大手の機械系エンジニア派遣ならではのサポート体制が以下のように充実しています!

  • 寮では、生活に必要なテレビ・冷蔵庫などはあらかじめ完備。赴任旅費支給
  • 職場の悩み等を相談できるスタッフホットラインで何でも相談可能。
  • 飲食店や映画館等で使える割引サービスを利用可能。
  • 工場系のお仕事を、全国規模で豊富に掲載。地方での仕事が可能。

特に無料で寮に入れる、という点で、素晴らしいサービスだと思います。

都内で家を借りて住む場合、どうしても5万円前後の固定費が発生してしまうため、寮に住むだけで貯金が増えると考えれば、とても親切ですね。

さらに寮では家電が付いているため、わざわざ買ったり持って行く必要がない点も嬉しいポイントです!

気軽に新しい環境で機械系エンジニアを始めてみたい!という方は、ぜひ派遣から試してみることをおすすめします!

逆にITエンジニアを目指すなら都内へ

以上、機械系エンジニアを目指すなら地方での寮生活をおすすめしましたが、逆にITエンジニアを目指すなら、東京都内に住むことをおすすめします。

なぜなら、ITエンジニア求人の多くは東京都内の企業に集中しているためです。

機械系エンジニアは広い土地を確保するために地方の現場が多いのですが、ITエンジニアは、いろいろな企業やお客さんとのコミュニケーションを通してサービスを作っていくため、結果的に企業の多い東京に集中することになります。

無料でシェアハウスに住める無料エンジニアスクール

ITエンジニアを目指すなら東京、と言われても、東京都内に住むのは高いし、家を探すのも大変と思われる方も多いと思います。

そこで、地方から都内でITエンジニアを目指すことに特化したエンジニアスクールをご紹介します!

ネットビジョンアカデミー(NVA)は、現在の私の仕事であるインフラエンジニアを目指すことに特化したスクールです。

あれすけ
あれすけ

私はプログラミング学習に挫折し、インフラエンジニアになりました。

学習量は多いですが、いろいろな資格を取れば、どんどん給料を上げていくことができます!

このスクールでは、未経験からITエンジニアを目指す上で嬉しい特徴があります!

  • 講義・実機演習・就活の面談練習を無料サポート
  • 東京でシェアハウスを【家賃最大2ヶ月無料】で提供。
  • 高年収も狙えて、今後需要がなくならない、インフラ・ネットワークエンジニアを目指せる。

特に嬉しいポイントが、家賃が高い東京で、家賃無料でシェアハウスに住むことができる、という点です!

シェアハウスに住むことについては、私の過去記事でもお伝えしていますが、築年数が浅く、トイレやシャワーも綺麗で掃除の手間がないので、非常に住みやすいと思います。

ネットワークエンジニアを目指す一方で、都内のシェアハウス生活で新しい友達を増やすことも楽しみの一つになるのではないかと思います!

勉強して資格を取ることは大変かもしれませんが、充実したサポートを受け、一緒に勉強する仲間とのコミュニケーションをとりながらだと、モチベーションを維持できるかもしれません!

上京して人生を変えたい、と考えている方は、ぜひ無料で学習できる環境を生かしてネットワークエンジニアを目指してみるのはいかがでしょうか?

おわりに

以上、私が現場で感じた機械系エンジニアの特徴と、地方で機械系エンジニアを目指す方法・逆に都内でITエンジニアを目指す方法についてお伝えしました。

機械系エンジニアは安全意識を持つためにも、コミュニケーションが重要視されます。

仕事仲間への気遣いが自然と生まれるような人間味のある仕事、とも言えるので、一人の時間よりも人と交流している時間を大事にしたい方(HSE)へおすすめしたいお仕事です。

逆に、一人で集中して何かに取り組む時間が大事、と考えるのが、繊細で敏感な気質の方(HSP)に当てはまる特徴です。

この特徴に当てはまる方は、ITエンジニアを目指すことも、一つの選択肢としておすすめします

仕事の特徴と自分の体質・個性に目を向けて、どんな働き方が自分に合っているか、ぜひ考えてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました