完全な健康に近づく方法?アーユルヴェーダの紹介!

アーユルヴェーダ
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。

最近アーユルヴェーダの存在を知った、あれすけです。

実際に聞いたことが無い方も多くいらっしゃるかもしれませんが、このアーユルヴェーダ、簡単に言うと「超絶すごい健康法」です。

どのくらいすごいかと申しますと、「あらゆる病気に対応」でき、さらに「ガン治療に効果があるかもしれない」とも言われる研究結果まであり、「完全な健康」に近づけるとも言われてます。

そんな胡散臭い今までの医学を覆す可能性を秘めたアーユルヴェーダですが、日本では西洋医学がメインとなっているため、認知度が低いのも事実です。

そこで、今回は「アーユルヴェーダって何?」という疑問についてざっくりとお答えします!

本記事は以下の方を対象としています。

  • アーユルヴェーダを初めて聞いた方
  • 健康に生きたいと考える方
  • 今、何かの病気を患っており、なかなか治らないと感じる方

それでは、参りましょう!

今の健康状態の把握

この後に述べるお話は主に健康に関するお話です。

自分の健康状態と照らし合わせると納得しやすいかと思われますので、ぜひ、ご自身の健康状態を把握しておくことをオススメします!

健康状態を把握する方法は1年に1回の会社の健康診断のみとなるかと思います。

正直、これだけでは「今の」自分の健康状態を知ることは難しいと思います。

最近では、病院で受診するだけでなく、銀座血液検査ラボを利用する手もあります。

こちらは自宅で採血し、送るだけで、簡単にがん検査や生活習慣病検査を受けることができるので、時間を取らず、簡単に受診結果を知ることができます!

今回の参考文献

今回のお話にあたり、以下の書籍を参考にさせて頂いております。

www.amazon.co.jp

本書の著者のディーパック・チョプラ博士は、内科、内分泌学、代謝の専門医です。カリフォルニア大学、マセチューセッツ総合病院等あらゆる機関で医学教授として活躍されておられるようです。

80冊以上の著書があり、色々な業界で影響を与えている上、私はここに驚いたのですが、なんと、医学でもっとも影響を及ぼした人物の1位に選ばれております笑

そんな偉大な先生が説く「パーフェクト・ヘルス(完全な健康)」とは何か、興味が沸いた方もおられると思います。

本記事では冒頭のざっくりとした説明のみとさせて頂きますので、もし興味がある方はぜひ購入されてみることをオススメします!

完全な健康とは?

woman doing yoga meditation on brown parquet flooring

それでは、著者のディーパック・チョプラ博士が述べる完全な健康の概念について述べます。

単刀直入に申し上げると、病気、痛み、死が存在しない世界、それが「パーフェクト・ヘルス」と呼ばれています。

それは、風邪をひいていない状態であるとか、普段の健康な状態よりもう少しだけ健康になるということではなく、もはや現状を完全に変えて、病気や老化を受け入れない状態を作ることです。

「いきなり何を言っているんだ?」と、ぶっ飛んだ話に聞こえるかもしれません笑

正直、私も読んでいて常に頭が真っ白の状態でした笑

ただ、事実として、人が病気になる原因は現代でも解明されていませんよね。

人によって病気にかかるかどうかは分からず、そして病気の進行具合にも個人差があります。

また、その病気の治療法はもしかしたら見つからない、ということもあり得ます。

そこで、「病気」に注目するのではなく、「病気にかかる人」に注目したのが「アーユルヴェーダ」です。

「個人の体質」を見て、個人に合った治療を提供するという考えのもとで、アーユルヴェーダが広まりつつあります。アーユルヴェーダを利用することで、ここで述べる病気や老化を受け入れない状態に近づけるのではないか、と考えられています。

心臓病の場合

実際、「アーユルヴェーダ」とはどんな治療でしょうか。

今の医療では、例えば、脂質が冠状動脈が詰まっているなら心臓病、といったように症状から病名を判断し、心臓病の治療として取り組まれているかと思います。

そして心臓病は、一度心臓疾患にかかったら回復する見込みは無いとさえ言われている病気です。

そこで用いられたのが、「アーユルヴェーダ」による医療です。

アーユルヴェーダは、「人間の内面に存在する原子や分子といった量子レベルと連絡を取るための技法」と言われています。

りょ…量子…

急に難しい話で頭が痛くなりそうですが、とにかく「自分が自分を構成する一つ一つのめちゃくちゃ小さい粒とお話する」イメージを意識してもらえればと思います!

実際にアーユルヴェーダで心臓病をどう治療するのでしょうか。

アーユルヴェーダによる心臓病の治療では、動脈の閉塞を除去するために、従来の薬や外科手術ではなく、なんと、簡単なヨガの訓練、瞑想、厳格な菜食を行うだけで、プラーク(脂質)の蓄積を自然に減らすことができた、つまり心臓病を治療できたことが報告されています。

以上のエピソードから、現代医療でも完全には処置できない心臓病に対しても改善の効果があるって、アーユルヴェーダ、すげえ!と思われるかと思います笑

おわりに

今回は短くなりましたが、完全な健康を目指すには?という少し難しいお話と、完全な健康を目指すときに使われるアーユルヴェーダってこんなものだよ!というお話をメインでさせて頂きました。

なんとなくアーユルヴェーダの世界観・背景と、アーユルヴェーダってこんな治療なんだ、というイメージはつかめたかと思います。

次回は、医学とはまた別に、精神学や性格診断・体質のような概念からアーユルヴェーダの基礎についてお伝えしたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました