未経験でITエンジニア・デザイナーへ転職したい方へ。サポート体制の万全な学習環境を整えましょう。

転職
この記事は約9分で読めます。

冒険好き・繊細気質なITエンジニアのあれすけです。

今回は私のプログラミングスクール選びの失敗談から、「ITエンジニア・デザイナー未経験の方が、転職のために技術を身に着けたいなら、サポートのある学習環境がある方がいい」というお話をしたいと思います。

プログラミング学習の挫折

私は現在、インフラエンジニアとして仕事をしていますが、当初はプログラマーとしてIT業界に入ることを目指していました。

メルカリのような自社でwebアプリを開発している企業(web系自社開発企業)に求められている人材の多くはフロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニア、つまりプログラミングでコードを書ける人です。

そのため、私は「IT業界未経験だけど、このようなイケイケな企業に転職したい!そのためにも頑張ってプログラミングを学習したい!」と考えていました。

そのプログラミング学習が私のITエンジニア転職時の挫折ポイントでした…

転職するまでの詳しいお話は過去記事をご覧ください!

将来の安定が約束された準公務員だった私が、安定を捨て、未経験でITエンジニアに転職した理由

自走力が問われるプログラミングスクール

私はプログラミング学習のために、あるプログラミングスクールに通っていました。

そのプログラミングスクールは、独自のカリキュラムの課題をある程度達成すれば就職先を紹介してくれる制度がある優しいスクールでした。

ただ、受講期間が3ヶ月と短い上に、講師の方々が現役のエンジニアなので、あまり多く質問の時間を取れないという、プログラミング初心者にはハードルが高すぎるスクールでした。

可能な限り自分で調べ、どうしても分からないところをスクールの時間にまとめて講師の方に質問することを実践していたのですが、自分だけの学習能力と時間にも限界があります。

あれすけ
あれすけ

うぅ…質問したいけど…

聞きたいことが多すぎるし、何が分からないのかも分からない…

短い期間というプレッシャーの中で、使える時間をできるだけプログラミングに注ぎました。

しかし、あまりにも一人で悩む時間が長すぎるし、課題も難しすぎて進まず、最終的にはプログラマーとして転職することを諦めることにしました…

仕事に自走力は必要!しかし…

プログラマーに限らずとも、エンジニアやデザイナーが仕事をする場合、最終的には自力で問題を見つけ解決できる自走力が求められます。

しかし、未経験からその仕事のプロを目指す場合、サポートが必要な状況は数多く存在します。

私自身もHSS型HSPという体質のため、次々と課題を見つけ、集中して学習することには自信がある方ですが、それでも独学に限界を感じることが多いです。

継続して成長できる環境を作ろう!

プロを目指すのだから、なんでも独学でできて、爆速で成長できるようじゃないとダメだ!

あれすけ
あれすけ

そのように考える気持ちはよく分かります。

でも、サポート受けながら継続して成長することも大事です。

自走力を身に着けるのは、継続して成長できる環境を自分で構築した後の話だと私は考えます。

分からないことが多い状態で自走力を大事にしていると、やる気がある状態を継続できず、精神的に辛くなり、挫折することになってしまいます。

継続して成長するためには、落ち着いて、必要な際に気軽に相談できるサポート体制がある環境が必要です。

十分なサポートがあることで、自走力を大事にしつつも、自分が取り組んでいる学習の理解はこれで合っているのか、といった自分の不安点なども講師の方と共有することができるので、精神的に安心して学習に取り組むことができます!

サポートが十分なスクールに通うことがおすすめ

以上の理由から、未経験からエンジニア・デザイナーを目指す場合、独学での学習を大事にしつつも、十分なサポートを受けられるスクールに通うことをおすすめします。

でも、サポートが充実しているスクールだと、

お金がかかりそうだなぁ…

あれすけ
あれすけ

低価格で高品質なサポートが受けられるスクールがありますよ!

以下、未経験からエンジニア・デザイナーを目指す方へ向け、私が知りうる限りで、低価格かつ高品質なサポートが受けられるエンジニアスクール・デザイナースクールを紹介します!

プログラミング学習:0円スクール

こちらのプログラミングスクールは名前にも0円と付く通り、完全無料で未経験からITエンジニアになれるスクールです。

無料と聞くと、サポート面が不安に思われるかもしれませんが、以下の特徴があります。

  • 現役エンジニアが作成した、現場を想定したカリキュラム
  • 一人ひとりの理解度・社会人マナーに合わせて、講師がFace to Faceで個別指導
  • 実際の現場で困らないビジネスマナーも学習できる

とはいえ、逆に無料で受講できるスクールって怪しい!と思われるかもしれません。

0円スクールは自社でエンジニア派遣業を行っており、研修のような形でスクールを運営されているのが、無料で行える実態です。

スクール卒業生のうち、希望者はそちらへ斡旋されることとなるのですが、もし「それは嫌だ!」と途中でスクールをやめたとしても違約金はかからないため、この点でも安心して通うことができます。

あれすけ
あれすけ

無料で学べる環境を利用し、その中で身に着けた技術をどうするかは自由です。

スクールの就職サポートを受けるか受けないか、自分に合った働き方を模索することもエンジニアとしての生き方の一つです!

 

言語は、現在IT業界で広く使われているプログラミング言語である「Java」に限られるため、他の言語を学びたい方には不向きですが、業界で需要のあるスキルを無料で学びたい方にはおすすめです!

受講場所も幅広く、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡で受講可能です!※

※東京スクールは2020年8月現在休校中です。


プログラミング学習:Freeks

こちらのプログラミングスクールは月額9,800円と、無料のスクールと比べるとお金はかかってしまいますが、プログラミングスクール平均相場の数十万円と比べて安価で受けることができるのが特徴です。

Freeksでは、以下の特徴があります。

  • 現役のエンジニアが講師を担当
  • Java、 PHP、JavaScriptなどの全カリキュラムが受講可能
  • 受講生は勉強会参加、転職サポートなども追加料金なしで受けられる

個人的には、Freeksでは、プログラミング言語でPythonを選択できることが嬉しいポイントだと感じています。

Pythonは大企業でのシステム開発・スタートアップでの開発と幅広く使われており、機械学習・AI分野でも使われている言語なので、学んでおけば、就職の選択肢の幅がかなり広がると思います。

提携先企業も300以上あるので、もし就職サポートを受けたい場合には、希望の内容・働き方でマッチングできる可能性が高いです!


インフラエンジニア:エンジニアカレッジ

エンジニアカレッジは、プログラミングスクールではなく、未経験からインフラエンジニアを目指すことを目的とした完全無料のエンジニアスクールです。

インフラエンジニアはアプリを動かす基盤であるサーバ・ネットワークを支える重要な役割です。

基本的にはプログラミング能力を必要としないため、プログラミングをしたことがない、苦手だという方でも安心して受講することができます(就業後、現場によっては時々プログラミングが必要な場合はありますが、それは現場に合わせて都度覚えればいいと考えています)。

あれすけ
あれすけ

私はプログラミングに挫折し、インフラエンジニアになりました。

学習量は多いですが、学習すれば、その分が給料に反映されやすいのも特徴なので、学習が好きな方へおすすめです!

無料で受けられるエンジニアカレッジのサポート体制は以下の通りです。

  • 授業では生徒同士でグループ化し、生徒同士で質問・不明点の共有が可能。
  • 40日の学習期間、その後のIT企業への就活サポートあり
  • 対面式で1人ひとりに合わせた学習サポート(オフライン・オンラインどちらも可)

また、無料で受講できる理由はスクール卒業生を雇う企業側から協賛金が出ているためです。

途中解約の違約金も発生しないため、まずは無料相談(オンライン)+実際に始めてみて、インフラエンジニアとしての働き方が自分に合っているかを実際に確かめるのがよいかと思います。

 

webデザイン学習:デジタルハリウッド STUDIO

今の時代の自由な働き方にはwebデザインの技術は欠かせないものであり、学びたい方は多くいらっしゃると思います。

ただ、webデザインの場合、エンジニアと異なり、スクールで受講する際には数十万円という比較的高額の受講費用が必要となり、就職サポートを受けられるところも少なくなります。

あれすけ
あれすけ

エンジニアはシステム開発の人材費がすごい投入されているけど、デザイナーは事情が違うようですね…

そのような中おすすめしたいのが、デジタルハリウッド STUDIOです。

こちらは未経験からwebデザインを学習し、就職サポートも受けられるデザイナースクールです。

現役クリエイターのマンツーマン指導のため、安心の授業サポートを受けることができます。

また、就活サポートが充実している点がポイントです!

在学中からWeb業界への就転職へ向けてのポートフォリオ(作品集)作りのアドバイスや、個別での転職相談を行っており、Web業界へ就職・転職をするために役立つ知識や、スキルを身につけることができる転職セミナーも開催しています!

開催コースは以下の4種類があり、今の時代の「個人で稼ぐ力」にフォーカスした技術が揃っています!

  • Webデザイナー専攻
  • Webデザイナー専攻+Wordpress講座
  • Webプログラミング専攻
  • ネット動画ディレクター専攻

費用はWebデザイナー専攻コースで¥450,000(税抜)と多少かかってしまいますが、月5,323円からの分割支払いも可能とのことなので、お金に不安がある方でも比較的始めやすいと思われます。

個別説明会を無料実施中なので、興味がありましたら、まずは相談してみることをおすすめします。


おわりに

以上、エンジニア・デザイナーとして転職したい場合、サポートのある学習環境がある方がいいと考える理由をお伝えし、サポート体制の観点から、私のおすすめのエンジニア・デザイナースクールを紹介しました。

自分で学習する力がある・ないに関わらず、自分のモチベーションを保ちながら就職に向けて学習を進める上では、サポート体制は重要なポイントです。

以上の紹介のように、お金をかけなくても十分なサポートを受けられる環境は存在します。

これらの情報が少しでも自己実現の支えになれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました